新規会員登録で500ポイント付与!

詳しく見る

SEARCH

帽子って洗濯していいの?洗い方やお手入れ方法についてご説明いたします

暑くなるにつれて特に気になるのが汗などによる帽子の汚れ。
化粧や日焼け止めの付着汚れも気になりますよね。
お気に入りの帽子を長く、清潔に使用するために使える帽子のお手入れ方法をご紹介します。

まずは帽子が洗えるかチェック

帽子には、本体や購入した際の下札に洗濯表示が付いています。
この洗濯表示でその帽子が洗濯できるかどうかを確認することができます。

実際に確認してみると、多くの帽子が洗濯不可となっています。

帽子は繊細なアイテムです。
型入れをしている帽子は特に、水に浸すことできれいなフォルムを維持することができなくなります。
さらに水に濡れることで縮んでしまう素材を使用していたり、破損や色移り、付属のバックルが錆びてしまうなど理由は様々です。
特に天然素材(パナマやシゾールなど)は湿気に弱いので水濡れには注意が必要です。

洗濯不可の帽子は決して洗わないようにしましょう。

洗えない帽子は「スベリ」を綺麗に

帽子の中で特に汚れるのが、直接額に当たる「スベリ」と呼ばれる部分です。
スベリとは、帽子のかぶり口の内側に一周縫い付けられた汗止め用のバンドのことで、キャップやハットなどの形に関係なく、ほとんどの帽子に付いています。

洗濯ができない帽子でも、スベリをお手入れすることで帽子を清潔に保つことができますよ。

① 水で濡らして硬く絞ったタオルでスベリの汚れを拭き取る
② 汚れが気になる場合は、薄めた中性洗剤に浸して硬く絞ったタオルで叩くように汚れを落とす(スベリの内側に乾いたタオルを置いて汚れを移すように落とす)
③ 再度、水で濡らして硬く絞ったタオルで洗剤を拭き取る
④ 風通しの良い日陰で乾かす

洗える帽子は手洗いで優しく洗おう

どうしても帽子を丸々洗いたい。
そんな方は洗える帽子を選びましょう。

ただ洗える帽子でも、洗うことでどうしても素材が劣化したり、型崩れしやすくなります。
お気に入りの帽子を長く使うため、なるべく優しく手洗いする事をおすすめします。

① 付属品(バッジなど)を外す
② 洗い桶の中性洗剤入りの水に帽子を浸し、優しく押し洗いする
③ 水を替えながら数回すすぐ
④ タオルで水分を優しく拭き取る
⑤ 型崩れしないように形を整えて風通しの良い日陰で乾かす(頭の部分に乾いたタオルなどを詰めると型崩れせず乾かすことができます)
※詰めすぎるとシルエットやサイズが変わってしまうのでご注意ください。
※洗濯バサミ等のご使用は跡がついたり型崩れの原因となります。

general design storeでも手洗い可の帽子をラインナップしています。

  • MANIERA ペーパーブレードコードハット

  • MANIERA サンシェードサファリハット

  • MANIERA マニエラ ペイズリーハンチング

日々のメンテナンスも大切に

洗える帽子も洗えない帽子も日々のメンテナンスが大切です。

帽子を外したらすぐにしまわず、風通しの良いところで湿気を取ってあげましょう。
また帽子専用のブラシで埃を落としてあげることも有効です。

汗をかきやすい方にはライナーテープがおすすめ。
スベリにライナーテープを貼ることで額の汗を吸収してくれます。

好きな長さでカットできるロールタイプもあります。
general design storeではFLEX PIQUE TAPEとして発売予定です。

夏本番に向けて、お気に入りの帽子をお手入れして快適に夏を過ごしましょう。

2024年6月

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

2024年7月

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

※赤色の日は休業日のため、ご注文は可能ですが、発送作業は翌営業日以降の対応となります。

general design

「五感」で感じる「ファッション」